男性諸君!妊娠適齢期過ぎたら亜鉛をススメマス

男性の妊娠適齢期とは?

結婚適齢期じゃなくて?妊娠適齢期?
結婚適齢期なんて言っちゃうと、非難されちゃうそうですが、妊娠適齢期も大丈夫でしょうか。
女性には、35歳以上は高齢出産とか言われることもあり、なんとなく妊娠に対して年齢を照らし合わせて考えるということが普通にあるのですが、男性はそういうのがあまりありません。
では、男性は気にしなくてもいい?と思ってしまいますが、そんなことはありません。

 

10代後半とか20代半ばまでなんて性欲もありますし、体力そのものもあります。
もちろん、個人差はありますが、一般的にそのようなことが言えますね。
しかし、最近では男性の初婚年齢は30代に突入していますし、40代になってはじめて子どもを持つという人も珍しくないんです。
それでも、年齢を重ねた方が子どもができにくいとは言えるようです。
それは女性だけでなく、男性もその傾向があるようで・・・。意外と男性自身もそのことについて知らないという人もいるんです。
芸能人で60歳でパパに!そのようなニュースを聞いていればそう思ってしまっても仕方ないとは思ってしまいますが。
男性の妊娠適齢期って20歳〜40歳くらいがベストと言われているようです。これは、男性ホルモンであるテストステロン値の数値が高いのがこれくらいの年齢であるためです。

奇形精子とは

女性の妊娠が35歳以上が高齢出産と言われるのはどうしてなのでしょうか。
これは、卵子の老化や妊娠・出産においてリスクが高まるためとされています。妊娠中のトラブルで入院したり、緊急を要する可能性が出やすいということも言えるでしょう。
また、出産中に亡くなる女性というのもいらっしゃいます。
妊娠も出産も病気ではないといいますが、このような不測の事態というものも起こりうるのです。

 

男性は年齢が高くなると、奇形精子と呼ばれる精子の割合がどうしても多くなってしまいます。
生物の教科書で見るようなおたまじゃくし状の精子ではなく、頭がふたつある精子や尾部が短い精子など明らかに形状の違う精子です。
このような精子が精子全体の96%未満であることが生殖が可能な基準値ということで、2010年にWHOが精液検査における正常値を発表しています。
96%未満なら誰でも大丈夫そう・・・と根拠なき自信を持ってしまうのは止めておいた方がよさそうです。
精子の奇形率というのは、年齢が上がるにつれて上がっていくそうです。
この奇形精子が多いと、障がいのある子どもが生まれる確率が高くなるというような不安を持つ人もいるとは思いますが、奇形精子そのものは妊娠に結びつかないのでそのような心配はいりません。

精液の量を増やし、精子の量も増やす

結局、妊娠に結びつくためには、精液の量を増やすことにより、精子の量も増やすことが大事で、その中に奇形精子率をできるだけ少なくすることや、精子の運動率などが関係してくるのです。
こう考えると、意外と大変・・・ということになりますよね。
そして、どうすれば精液や精子を増やしたり、奇形精子率を下げたりできるの???ということになりますが、ここで登場するのが亜鉛なんです。
亜鉛と言えば、セックスミネラルとも呼ばれることで有名ですね。
性欲に関すること、精子に関すること、性の全体的な問題を解決することが可能なのです。
ですから、最近では不妊症外来でもお勧めしているというところもあると聞きます。
この亜鉛のよいところは、男性だけでなく女性の不妊の問題にも効果があるということです。
夫婦で亜鉛のサプリメントを使うということで効果をさらに発揮することが可能になります。

 

一般的に妊娠を考えたときに、どのくらいの精液の量が必要なのか?ということになりますが、これは一度の射精で2ml以上は必要だといわれています。
2mlというのは、ティースプーン1杯くらいの量ですから、少量と言えば少量ですね。
あの2mlの精液の中に精子が4000万個以上いることとなっています。(1mlあたり2000万個以上)

 

亜鉛不足にぴったりな牡蠣サプリのご紹介

関連サイト

http://xn--vck8crc676of9lgljn80b.xyz/・・・男性不妊におススメの妊活サプリ
http://xn--vekx50g3qyugs1vl.com/・・・亜鉛不足を解消するためにはどうしたらいいの?という方疑問に回答。

性欲そのものをアップさせる

性欲があまり無い・・・最近このような男性が増えて来ているとか。
結構若い男性にも多いのがこのような問題です。女性から見ると、自分に魅力が無いからというような解釈をしてしまい、ふたりの仲がぎくしゃくしてしまうことも。
なかなか難しい問題でもあります。
どうして若い男性でも性欲があまり無い男性が多いのか?ということになりますが、よく最近の男性は草食系だとか言いますが、根本的な原因は食生活にあるのです。
子供の頃から、レトルト、インスタント、ジャンクフード、スナック菓子・・・このようなものばかり食べていると、どうしても亜鉛不足になります。
そして、このような食品はもし亜鉛を摂取したとしても、吸収させないように身体がはたらいてしまうものでもあるのです。
牛肉は身近で亜鉛摂取できる食品なのですが、レトルトやインスタント食品を食べ合わせてしまうと亜鉛は吸収されないのです。
このようなことが毎日のように繰り返されていくことによって、亜鉛は慢性的に不足し、性欲もなければ精液や精子も少ない男性へと成長してしまいます。
大人になって子どもが欲しいと思ったときに、子どもができないということになるのです。
これを解決してくれるのも亜鉛のサプリメントです。そして、できるだけレトルトやインスタント食品は避けるようにするのも大切なのです。

 

男性不妊サプリ選びに迷った方はコチラ