1週間は我慢し過ぎ!2〜3日が妥当

1週間は我慢し過ぎ!2〜3日が妥当

精子が少なくても子どもが欲しい!そう思う人がやってしまいがちな間違った行動について紹介しましょう。
精子って毎日作られているのですが、今日作られた精子が射精するまでは約70日を要すると言われています。

 

→禁欲はどのくらい?
最近は、夫婦共働きが多くなっており、平日はほとんど会話することも難しいとか、睡眠時間確保に懸命になってしまい、Hは週末に・・・という夫婦が多いようです。
時間的な問題もありますが、男性側が1週間くらい禁欲した方が妊娠しやすい。
このような間違った知識を得ていることが意外と多いのです。
実際は、禁欲は2〜3日がよいとされています。このくらいの方が精子の数にもよいそうです。
しっかりとした数値があるということからも、不妊症外来で2〜3日の禁欲生活の後に精子を採取するのかもしれません。
射精されても、精液数はすぐに戻るのですが、精子の数が元に戻るのが48〜72時間とされていることから、このような2〜3日おきという話が出て来ているのでしょう。

 

→迷信に惑わされないで
射精の後に逆立ちすれば(女性が)妊娠しやすいという迷信がありますが、これは科学的根拠のないことです。逆立ちで妊娠したとすれば、それはただの偶然です。